Sがおおいn

FF14とかゲームしてたり自作キーボードで遊んでたり。

続 LHP14の組み立て

LHP14を使い始めて

少しずつ慣れてきました。とりあえず極コンテンツでも運用問題なかったのでこのまま使っていこうと思います。これといってトラブルはなし。相変わらずキー配列が定まらずうまくジャンプができません。まあ、正確なジャンプが必要なコンテンツはジャンピングアスレチックぐらいと思いますので大丈夫でしょう。たぶん。

f:id:sssssssssn:20211226224142j:plain

そして完成

LEDとChocV1用のキーキャップが届いたので実装しました。いつの間に光らないキーボードでは気がすまない身体になってしまってのだろう。やっぱり華やかさは大事なんだと思います。このキーキャップは白より黒のほうがキレイですね。白は光を透過しやすいから好みの問題かもしれません。これのために比較的融点の低いハンダを買っておいたのでLEDを破壊することなく実装できました。温度に気をつけてと様々なビルドガイドに書いてありますがなるべく低融点のハンダを使うことをおすすめしたほうが安全な気がします。200円ぐらいで買えますし。OLEDは未実装のままです。おそらくこれは実装されないままになりそうな気がします。

LEDの実装のトラブルがひとつ

LEDがハマりません。SK6812MINI-Eを買ったはずなんです。私はこの他にパーツを持っていないので比較はできないのですが、おそらく合っている。でもギリギリLEDのくぼみにハマりません。そんなことで諦めるわけもなくLEDの足をPCB側に折り曲げてハンダ付けしました。意外とうまくいくものですね。そんなに器用な方ではないのだけれども。なんせ私は低融点のハンダを使っている。多少の無理は大丈夫でしょう。結果、見た目も問題ないので一件落着です。