Sがおおいn

FF14とかゲームしてたり自作キーボードで遊んでたり。

我がPC環境について2022年

まだ2022年じゃないけれど

あと1日しかないし大丈夫。嘘ではない。

FF14に夫婦ともどもハマったことにより

ゲーム専用の部屋を作ることになりました。我が家は賃貸の2LDKです。一部屋は寝室として使っていまして、もう一部屋は奥さんのクローゼットだったり私の蔵書を置いていたり何かと物置っぽいスペースだったのですが色んなものを捨てに捨て、ゲーム部屋として機能させることにしました。もはや我らはゲームのために生きていると言っても過言ではないのです。FF14のデータセンターが爆散するというようなことがないよう世界には平和であってほしい。吉田には長生きしてほしい。

ゲーミングデスクを使わず

机を並べるという選択を敢えて捨て、座椅子に座る。モニタはモニタアームで吊ることで大いなるデスクを不要としようというコンセプトです。座椅子に座ると何が良いかと言うとホットカーペットの恩恵を受けることができます。毛布をかければ簡易コタツの完成である。快適。でも、さすがにマウスやキーボードを置く場所は必要。色んなものをDIYしています。

ゲーミング柱

モニタアームをつけるための柱です。ディアウォールの2X6で立てました。よくあるのは2X4のタイプですがモニタアームとモニタを吊ろうとするとかなりの負荷がかかるため、万が一のために2X6を使っています。1年使ってますがびくともしない!と思いきや、やっぱり少しずつ前にせり出してきていた模様。2X6なので幅があり、天井が抜ける勢いで負荷がかからないと倒れないと思うのですが、気をつけるべきところです。おそらく2X4では倒れていた。ナイスチョイスでした。モニタアームを柱にネジ打ちしています。モニタアームはAmazonの初売りで買いました。予想以上に重くて負荷が心配でしたが非常に良いです。アレクサ対応のLEDテープが激安で買えたので遊びました。

キャスター付きのデスク

座椅子に座って丁度いい高さになるように作りました。端材で事足りるほどかなり簡素な作りですが非常に使い勝手が良いです。元々書斎的なものを作った際の天板として買った板でしたが、書斎を解体してから出番がなく物置に眠っていました。その天板を真っ二つにし、2人分のデスクに生まれ変わり。なんということでしょう。奥行きが25cmしかありませんが用途的にはかなりぴったりでした。あまりデカイ机を動かすのはキャスター付いててもかさばりますしね。

キーボードマウス

キーボードは色々試して色々わかりました。最初はlogicoolGのキーボードを使っていたのですが、チャタリングが出てき始めて終了しました。ゲームには格子配列が良いという自論によりHelixを愛しており、LHP14を左手デバイスとして使用し、もうほぼEndGameなんじゃないかと思っています。マウスはG600です。これがないと戦えない。もう2年ぐらい使ってることになるのでそろそろ予備を買っとこうかなと考え中です。f:id:sssssssssn:20211230115258j:plain