Sがおおいn

FF14とかゲームしてたり自作キーボードで遊んでたり。

FF14多ボタンマウスの運用とMOマクロ

今回は私のFF14プレイ環境についてご紹介します。

入力はキーボード・マウスでFF14を遊んでいます。そしてマウスは多ボタンマウス(G600)です。結構使っている方も多いのではないでしょうか。今は占星術師、賢者をメインでやってます。 少し特殊な操作環境かもしれませんが、こういう操作方法もあるよ!という紹介、これから導入を検討しているよ!という方の参考になればと思います。

G600について

Razerなどからも多ボタンマウスが出ていますが、G600はFF14の公式認定されているデバイスです。それはまあどうでも良くて単純に比較的安いです。日本で販売されている純正品の型番はG600tです。Amazonでは並行輸入品であるLogitechの製品も売っていますがおそらくは同じデバイスです。G600は右クリックの右に更に右にGシフトというボタンがついています。これを押すことにより多ボタン部分のキーアサインが切り替わるという仕組みを持っています。ということは、更に12ボタンを使うことができるということ。しかし、うまく動かないなどという報告もあり、私はCtrlキーを割り当てていて、FF14キーバインドでCtrl+数字キーを割り当てています。

多ボタンマウス、MOマクロ環境のメリット

アクションの実行にはMOマクロを多用しています。そこでMOマクロとはなんぞやってところですが、マウスオーバーマクロというものです。マウスポインタを置いているオブジェクトを対象にスキルを発動させることができます。 普通は対象をクリックしてターゲットし、使いたいスキルのホットバーを押すという流れですね。パッドでPTをターゲットする場合は十字キーで対象を選択してスキルを押しますよね。やったことないですけど。 それがMOマクロを使うとポインタを重ねた状態でボタンを押すだけでターゲットを切り替えることなく狙った対象にスキルが発動するわけです。直感的で非常に便利!ターゲットを変える必要がないので楽々だし、敵の詠唱バーが見られなくなることもありません!(重要!) FF14をヒーラーで始めようと思ったときに、この環境でやることを決めて始めました。だって、敵をターゲットしたままボタン一つでヒールできるなんて素晴らしいじゃないですか。 実際の運用としてはマウスホイールの左右で敵ターゲット送りをし、攻撃をしつつ必要に応じてパーティ欄をMOで回復します。アライアンスリストなどもMO可能ですし、ボズヤなどで倒れている野良を蘇生するには倒れているキャラを直接MOすれば蘇生を飛ばせます。

多ボタンマウスのデメリット

まず、多ボタンマウスの操作難易度はかなり高いです。G600だと親指で12個のボタンを押し分ける必要があります。ホットバーとボタンの位置を一致させるのにかなりの時間がかかります。もし使い始めるなら端っこのボタンとか分かりやすい位置のボタンを多用するようにホットバー配置するといいと思います。ただし、慣れたら右手親指だけで12個のスキルを使用できるのですごく便利です。私のようにゲーム開始から使い始めればスキルが少ないので徐々に慣れていくと思いますが途中から切り替えるには結構ハードルが高いと思います。 それと私はあまり気にならないですがG600はかなり重いと言われてます。大きさもあるので、特に女性の方は扱いづらいかもしれません。

MOマクロのデメリット

MOマクロは当然マクロです。先行入力はできません。しかし、先行入力が必要なほどヒール間隔が短いコンテンツはかなりのエンドかガチPvPとかになると思うので気になる人だけ注意してください。私は極や零式の味見をする程度でPvPもやりますが特に困ったことにはなってません。 そもそも味方への単体スキルしかMOマクロを使わないので範囲ヒールなどはマクロ化不要です。前述のように敵は普通にターゲットしているので攻撃スキルもマクロ化不要です。これらはマクロにしないので先行入力可能です。 そしてたまにエイム誤爆します。ちゃんと当ててるつもりでも誤爆することがあります。仕様なのかよく分かりませんがそれで致命的な状況になったことはありません。MO使わなくても誤爆するときはするんだよ…!!

ちなみに左手の操作

左手デバイスを作ったので最近はそちらへ移行しましたが、最近までキーボードでWASDで操作していました。その周りのキー(QERZXCVなど)に自己バフなどターゲット不要なスキルをセットしています。Eは決定ボタン(テンキーの0と一緒)にしているんですが非常に快適になりました。